草刈りをしていた時のこと。

ご近所さんから

「すぐそこにマムシがいた」

との情報。

その場所は神社の参道と畑の境界付近。最近、ご近所さんが草を刈った場所。

 

ところで、

「草をぼうぼうにしているとマムシが住み着く」

と言われて4年。それが本当か否かを検討してみる。

 

◆わたしがマムシを見つけたところを整理

  • 砂利道と草むらの境界
  • 参道と草むらの間
  • 家の基礎部分と草むらのきわ
  • 竹やぶとそのそばの道の境
  • そこそこきれいな畝と、草むら状態の畝間

それと、

  • 伐竹した積んだ竹の間
  • 神社の石垣の間(冬眠中)

 

実は、草ぼうぼうのわたしの畑のなかにおいては、ヘビは2度ほど見たけれどマムシは見たことがありません。

 

◆マムシの生態について。

  • マムシの動きについて。
    人が近寄っても逃げない、じっとしている。ヘビと比較すると、動きが遅い。
  • マムシの食べ物。
    一般的には、カエル、トカゲ、ねずみと言われている。
    わたしの畑には、とにかく虫、カエルがたくさんいる。虫が多く、しかも隠れやすいためか。

上記2点から、マムシは草むらのなかを移動して餌を捕食するのではなく、じっときわや境で待って、草むらから出てきた獲物を捕まえる。

草むらよりも砂利や道路の方が見つけやすいし、動きやすいから。

これが正しいならば、家の縁側の下や軒下などにいるのも納得。

 

以上、草刈りをしながら、わたしの経験だけをたよりに、マムシの気持ちになって考えてみました。

草むらとのきわや境に最大限、注意をして、草ぼうぼうの中もそれなりに気をつけて、作業することします。

スポンサーリンク