Linuxを手持ちのWindowsPCで動かす方法を紹介します。

わたしの場合、手持ちのパソコンが古いものばかりで、どんどこLinux化が進んでいきました。
その結果、最後に購入した中古パソコン(Windows10)でも、Linuxを使いたいと思うようになったわけです。

しかし一台くらいは、WindowsPCを残しておきたいということがあり、保存可能なブータブルUSBで運用しようか悩みましたが、より手軽な仮想環境で使用することにしました。

仮想化ソフト「Oracle VM VirtualBox」

仮想環境とは、もともとハードウェアのもつ機能であるサーバー、ストレージ、アプリケーション、ネットワークなどをソフトウェア上で行うこと。

今回やることは、WindowsPCの中に仮想環境(仮想マシン)をつくり、その環境下でLinuxを動かそうというもの。

仮想環境をつくるための、仮想化ソフトはさまざまなものがあるようですが、「Oracle VM VirtualBox」及び「VMware Workstation Player」が有名です。

「仕事で使用したことがある」というだけの理由で、Oracle VM VirtualBoxを選びました。

「VirtualBox」のインストール

公式サイトへ
https://www.oracle.com/jp/virtualization/technologies/vm/downloads/virtualbox-downloads.html

Windows環境で使用したいので、「Windowsホスト」を選ぶとダウンロードが開始される。

ダウンロードしたインストーラを実行しインストールします。
保存したexeファイルをダブルクリック。「Next」をクリック。

初期設定のまま「Next」をクリック。

ショートカットの設定。
スタートメニュー、デスクトップ、クイックランチバーにショートカットをつくるかを選べます。
「Register file associations」は、ファイルの関連付けに必要なので、チェックしておきます。
そして「Next」

Warning(ネットワーク接続が切断される可能性)がでますが、気にせずに「Yes」

準備が完了したので、「Install」をクリック。

インストール完了の画面が表示されたら、「Finish」をクリックして終了です。

終了すると、VirtualBoxが起動します。

「VirtualBox」でLinuxを動かすための設定

次に、「VirtualBox」の設定を行います。

新規ボタンをクリックします。

「名前」「タイプ」「バージョン」には、仮想環境内で使用したいLinuxディストリビューションに合わせると良いです。
今回は、「MX Linux」で進めます。
MX LinuxはDebian、64bitを選びました。「次へ」をクリック。

仮想環境で起動するOSに割り当てるメモリサイズを決めます。
今回は、2GBを割り当てます。「次へ」をクリックします。

「仮想ハードディスクを作成する」を選択して、「作成」をクリック。

VDIで問題ないので、このまま「次へ」をクリック。

可変サイズで問題ないので、「次へ」をクリック。

仮想ハードディスクの容量を20GB程度にする。「作成」をクリック。

MX Linuxのための環境が構築できました。

次に、MX LinuxのISOファイルをダウンロードします。
ダウンロード方法は、下記記事を参考にしてください。

仮想環境から、MX Linuxを起動させます。

VirtualBoxの起動ボタンをクリックします。
ダウンロードしたISOファイルを選んで、起動をクリックすると、VirtualBox上でMX Linuxの起動画面が表示されるので、インストールを開始できます。

あとは、Installerから進めて、仮想環境内にMX Linuxをインストールすれば、Linuxパソコンとして使用できます。

Linuxディストリビューションによっては、メモリ使用量が多くなりストレスを感じることも。
わたしの場合は、メモリ増設して対応しました。

まとめ

WindowsPC内に仮想環境(Oracle VM VirtualBox)を構築して、Linuxを使用するまでの手順を紹介しました。

Linuxの使用方法としては、ブータブルUSBを作成してパソコン上でインストールするという方法もありますが、仮想環境を作ってその環境下でLinuxを動かすという方法はより簡単です。