『自然菜園での収穫体験付き民泊をつくる』を目標に、2017年秋から緑肥蒔き、2018年春から自然菜園つくりをはじめました。

自然菜園も2年目ということで、土なども少しずつ肥えてきた様子。

今回は、結球レタスについての記録です。

 

実は、今年の冬(1−2月頃)に、せっせと土作りをしておりました。

やり方は下記で記録しておりますが、緑肥マルチだけでは肥料分がなかなか厳しいことと、自然栽培の先輩からのアドバイスがあったため。

畝の中央に穴を掘って、落ち葉や枯れススキ、もみ殻や燻炭などを埋め戻す方法があるそうです。

 

わたしの場合は、落ち葉や枯れススキ、野菜くずなんかを入れて実験してみました。

(あとで知ったのですが、「ガッテン農法」(三浦伸章さん)というやり方があるようで、先輩はその方法も参考にされているようです)

 

その後3月になって土の状態を確認してみたら、いい感じの土の匂いと、指がすっと入るフカフカさ加減。

「この場所でさっそく何かつくってみよう!!」

と、気持ちは高ぶるのですが、場所が獣害にあいやすい場所。

 

思いついたのが、結球野菜。

レタス、キャベツ、白菜。

自然菜園を始めて、一度も結球したことがなかったのです。

白菜はナバナとしていただきましたし、レタスもお肉をまいておいしく食しましたので、とくに問題はなかったのですが、やはり結球してほしい・・・。

土もできてきたので、きっと結球してくれる!

 

時期的には、キャベツ、レタス。

3月10日、キャベツ、レタスに加えブロッコリーの苗を購入して、植え付けました。

苗には、300倍に薄めた酢を下面給水させてから植え付けます。

畝の上に敷いてあったヨシをどかして、スペースをつくっております。

畝間には、緑肥を植えています。3月上旬ではまだまだこんな感じ。

 

この状態で、育てていると、ご近所さんからは

「虫がつくからネットを張らないと」

と言われるのですが、このくらいの苗の数だったら手で取ってしまえるし、あまりネットはかけたくないのが、わたしの性格。

 

その後、緑肥も育ってきたので、せっせこ草マルチをしておりました。

5月のGWになって、レタスがしっかりと結球してきた。

まだまだ小さいですが、結球がこんなにうれしいことはない。

 

さっそく2つほど収穫して朝食に。

無農薬・無肥料のレタスは、甘みがさわやかでえぐ味がない。

妻もムスメも満足に食べてくれました。

 

まだ、キャベツがどうなるかわからないのですが、これはこれでとても楽しみ。

 

緑肥の刈り方について。

暑い日が続いていたので、緑肥マルチをするために、畝間の緑肥を刈りまくりました。

その結果、キャベツの虫が増える傾向に。

考えられることとして、

  • 畝間の緑肥(クローバーなど)の葉が食われていたことから、緑肥にいた虫がキャベツへうつった。
    (緑肥が野菜の代わりに虫にくわれていた)
  • 畝感の緑肥に、キャベツを食べる虫を捕食する虫がいて、その住処が奪われたため、キャベツの虫が増えた。

緑肥の刈り方にも、注意が必要かなと。。。

スポンサーリンク