急ぎの用事で、グラフを作ることになりました。

普段使用しているWindowsPCのソフトは、WPS Spredsheets。

ところがこれが、ヒストグラムを作成する機能がないことが判明。

 

仕方ないので、Linux LibreOffice calcを使ってヒストグラムを作成することにしました。(Linux PCがログハウスに設置してあるデスクトップなので、急ぎでチャチャっと作業するには向いていないのです)

 

やりたいことは、『わたしの住む岐阜県内の小中学校の児童・生徒総数をヒストグラム化したい』というもの。

少子化対策として学校問題が上がっているのですが、県内のデータをきちんと見ていなかったので。

 

・まずは、県公式ページから、学校別児童・生徒数のPDFをダウンロード。

・PDFファイルをcalcにコピーペーストはできないので、一旦、ワード化します。
今回は、Web上のツールを使用します。

・ワード化したファイルからエクセルへコピー&ペースト。フォームが若干崩れているものの、これくらいの作業なら問題なし。

 

ここからは、calcの作業。やり方は下記を参考

 

まずは中学校。

やったことは、生徒数「総数」の”データ数”, “最小数”, “最大数”をだして、範囲をきめる。

50おきに950まで。

FREQUENCY関数を用いて、

{=FREQUENCY(F3:F180, P3:P21)}をQ3からQ21までCtrl+Shiftを押しながらEnter

これで、度数(学校数)がでます。

さらに、相対度数も求めます。

これらのデータを用いて、グラフが書けました。

 

全部で178学校。生徒総数は3人から902人。

50人以下の中学校が23校、100人以下の中学校が18校など、こんなに生徒総数って少ないんですね。一方で、800人を超える学校が4校。

ちなみに、相対度数の中央は250-300人。1学年3クラスくらいですかね。。。

 

同じように、小学校も。

こちらは、学校数が368校。生徒総数は4人から984人。

50人以下の小学校が34校。100人以下の小学校が61校。

相対度数の中央が200-250人。

 

こういうデータをみると、10人以下の学校と900人以上の学校が同じといってよいのか分からなくなりますね。

わたし自身は、少人数教育に魅力を感じて田舎へ移住しました。

やはり児童・生徒それぞれに目の届き、それぞれに合った教育ができる学校を望んでしまいます・・・。

スポンサーリンク