古いPCをLinux化してから、ブログもLinuxで書くようになりました。

少しずつ、使いやすいアプリも導入しております。

 

今回は、画像編集用アプリに対してのメモ。

 

これまで、Windowsでは「ペイント」と「pictcutter」を使用していました。

特に、「pictcutter」は、指定のサイズ(例えば、600 x 400 )に簡単に切り出せる上に、簡単な加工やファイル縮小もできるので重宝しておりました。

切り出しサイズは、一度設定すれば比率を固定化できるのも素晴らしいのです。

 

できればそれに変わるアプリがないかと、現在進行形で探しております。

ちなみに、Linux Mintに実装されていたアプリは「GIMP」と「Pix」。

「GIMP」は、高機能なため使いこなせてない。

「Pix」は、いわゆるPhotoビューワーで機能が限られている・・・。

 

そんなわけで、いくつかのサイトを参考に、インストールして試しているのが下記3つのアプリ。

(Linuxは、インストールが簡単なのがうれしい)

 

◆ pinta

Windowsの「ペイント」並みの機能でしょうか。

 

◆ Mirage

Photoビューワー程度の機能。シンプルな画面は良さそう。

「切り出し」がやりにくい。

 

◆ shotwell

こちらもいわゆるPhotoビューワーですね。機能も限られています。

 

現時点で「pictcutter」のような(わたしにとって)使い勝手の良いアプリは見つかっておりません。

「Mirage」、「shotwell」は「Pix」とそれほど違いがなさそうなので、もう少し試して使わないようならアンインストールします。

「pinta」は、いじってみる予定。

 

以上。

スポンサーリンク