「OSを作れる」「仕組みが学べる」という言葉に惹かれて、プログラミング軽くかじった程度の私が、OSを自作しようと思い立ちました。

2019年の目標の一つは『OS自作入門でOSを作る』です。

目標を次のように設定。

「2019年3月31日までに、完読してわからないなりにもOSを自作してみよう。」

そのための覚書です。

 

・・・・・

さて、「2019年3月31日までに自作する」と目標を立てたのですが、途中から、何も考えることなく本書の写経をしている状態になっておりました。

プログラミングのわからないことを、調べる時間をとれないままに進めるのは意味がないし、そもそも、プログラミングに対して、知らないことが多かった。

 

それと、「田舎暮らし」をしていると、3月くらいから少しずつ畑や竹やぶなんかに時間をとられていくのですよね。

わたしの場合、春先には「めまい」で、PCに向かえない期間もあるし・・・。

ということで、一旦、「OS自作入門」は延期。

 

当面は、自然菜園に力を入れつつ、雨の日なんかにプログラミングの勉強をしながら、将来的にOS自作を行うという計画へ。

 

積極的には、Pythonをメインに勉強。

理由は、RaspberryPiによるログハウスAI化をしたいという夢があるから。

そこから、C言語にも応用してOS自作へフィードバックしたいかなと。

 

以上。

スポンサーリンク