2018年2月に、よく分からないながらも行った竹林の整備。

今年はしっかりと調べてみようと思って図書館へ向かったところ、次の本を見つけました。

「野山・里山・竹林 楽しむ、活かす」

竹林の項目は、20ページほど。

今年から、この本を参考に竹林管理を進めたいと思います。

 

 

◆ 竹林管理のための計算。傘を差して歩けるためには?

これまで竹の切る目安としては、「密集しているな」、「かなり古そうだな」みたいな感じで切っていました。しかし、「傘の差せる間隔」「雌を残す」ということを知ってしまった今、切り方をしっかりと見直しします。

 

まず、傘を差せる間隔について。

下記サイトを参考に、傘の直径を調べました。

 

私が男なので、86cm。これくらいの間隔で竹間を作ればよいわけですね。

 

せっかくなので、竹林の面積を見積もりました。それほど広くないので、メジャー片手に測定。

敷地は、おおまかには台形。

計算すると66.5m2。

そして、先ほどの直径86cmの傘を円とすると、面積が0.58m2。

あとは割ればいいので、66.5 m2 / 0.58 m2 = 114.7

この竹林の中に、仮に均等に並べられるとすると、ざっくり114本の竹があればいいわけか・・・。

 

もっとも、これまでの適当に切ってきたから、竹林の中は粗密がばらばら。良い感じになるには5-6年かかるかしら。

 

◆ 竹の雌雄を確認して雌を残す。

竹に雌雄があることは、以前から知っていたのですが、「雌のタケノコがおいしいらしい」くらいの知識でしたが、残しておくにも雌が良いのだそうです。

ということで、竹林の中の雌雄を確認してみました。ついでに、竹の数も。

マジックを片手に、雌には「〇」、雄に「×」。分からないものは「?」。

雄がこれ。

 

雌がこれ。

 

一番初めの枝が、1本か、2つに分かれているかが判断基準なので、ずっと上をみていたら首にきました。

私は、首コリが悪化することでめまいを引き起こすらしいので、ゆっくり確認します。

 

結果、竹の数が200本弱に対して、雌雄が半々若しくは雄が多いくらい。(200本弱のうち3割は雌雄の確認ができなかった)。

雌だけ残すとなると、ただでさえ粗密がばらばらなので、場所によってはスカスカになってしまいますね。そして、当然のことですが、老若大小さまざまです。

 

切り方ですが、目安として、密集している場所の「小さいもの」、「雄」を優先して切る。

スカスカの場所は、当面残す。

これで進めてみようと思います。

 

どうなることやら。。。

スポンサーリンク