田舎暮らしを始めて3年が経過し、もうすぐ4年目がスタート。

ログハウスの周りをイングリッシュガーデン化するために行動を開始しました。

 

今回はイメージつくりのために、イングリッシュガーデンの見学です。

ログハウスの周りはあまり広くないので、それにあったガーデンの作り方なんかがないかな、と。

あとは、どんな花や植物を植えているのか、とか、あえて冬の感じを見てみたいな。(本当なら、花真っ盛りの季節が良いのですが、思い立ったのが冬ど真ん中なので)

三重県松阪市にある『松阪農業公園ベルファーム』へ行ってきました。

 

ちなみに妻、

「松阪っていったら牛だよね、牛、食べる???」

ムスメ、

「おやつ、何?」

 

・・・・・

ベルファームですが、駐車場無料・入場料無料と非常に嬉しい。

なんと、イングリッシュガーデンも無料で入れます。

妻がブログでレビューするでしょう。

 

勇んで見学しようとする私ですが、その前に妻子の機嫌を取ります。

イチゴパフェとオムレット。満足気な二人。

 

・・・・・

欲求が満たされた二人を連れて、イングリッシュガーデンへ。

想像していた以上に広い。

 

温室の前にはチューリップ。

アイスチューリップといって、特殊な方法で栽培しているとのこと。

 

いろいろな種類の薔薇が植えられています。

やはり、イングリッシュガーデンというと薔薇を連想してしまいますね。花が咲いているところが見たい。

 

ログハウスを建てる前に、イングリッシュガーデンと小屋をセットで考えたら、このようなイメージを描いちゃったんだろうな・・・。

この日の光がはいる温室みたいやつ、魅力的です。

ここも花が咲いた時に見てみたい。

 

レンガで作った花壇に、木とお花。

後ろにレンガの壁があって、壁の前は繁る植物。花壇の中央に木を散らして、手前に背丈の低い赤、黄色、紫の花。オーソドックスですが良いですね。

 

通路や広場の境界に花壇。大きな鉢を並べてる。

こういう使い方は、広くないとできないな。。。

 

このようなカクカクした生垣も、広い庭だったらやってみたい。

 

小屋があったので、我が家のログハウスとイメージを重ねてみました。

いっそのこと、地面をすべてレンガで隠しちゃって、大きめのプランターで飾るのもありかな。

 

こういうのとかで飾るのもいいね。

このでかいやつ、何て名前だろう。。。

 

冬にもかかわらず、咲いている花、ありました。

どんな花や植物が植えてあるのか、名札があったのでメモしたかったのですが、走り回るムスメを追いかけるのが忙しくて、そこまでの余裕がなかった。

 

イングリッシュガーデンの外には、東屋がありました。

この花壇の作り方、コンパクトで面白いですね。

 

お父さんの初めての積極的なイングリッシュガーデン見学はあっという間に終了。

今までまったく興味がなかった世界でしたが、我が家の庭つくりをしようと思い立った時から、興味深い世界に変わりました。

もっと、いろいろな場所を見学してみたい、それと花が咲いている季節に。

 

 

ということで、妻とムスメの時間になりました。

しっかり遊んでおくれ。

 

 

スポンサーリンク