雪がとけたから、竹林の片づけをしなくては。

春先になると、面倒な仕事が待っています。

「竹林管理」

 

正直いえば、どのように管理すべきかよくわからず、試行錯誤中なのですが、ようやく雪もとけて竹林の作業が可能となりました。

現在、行っていることは、

  • 雪の重みで倒れた竹の片づけ
  • 枯れそうな竹を切って片づけ
  • 密集しているところの竹を切って片づけ
  • 以前から枯れて倒れたまま、放置されている竹の片づけ
  • 家の方までしなってきている竹を切って片づけ

とにかく片づけだらけです。

何しろ、私が家を借りるまでの間、ほとんど手入れされていない状態だったらしく、まずは片づけることを優先しています。さらに厄介なことは、別の方が所有している竹林も隣接しているのですが、こちらの荒れ方が酷い。

こっちも、ちょこちょこ片づけています。

 

悩ましいのは、片づけた竹をどうしたら良いか。。。

竹炭にするとか、竹細工をするとか、何かしら有効活用したいと思っているのですが、なにぶん工数が足りず、なかなか進められずにいます。。。

 

先日は、切った竹を竹林の脇に積んで置いたら、

「掃除ができない」(毎月の神社清掃の時ですね。竹林は神社の隣にある)

とクレーム。。。

 

言いたいことは山ほどありますが、じっと我慢です・・・。

 

移住当時のことを回想

2年ほど前に移住した時のことを思い返す。。。

ホわホわホわほわ。。。。(効果音)

当時は、病気ということもあって、「家の掃除をしては寝て」「庭の片づけをしては寝て」を繰り返していたのですが、2週間もしないうちに、労働が与えられました。

それは、「タケノコ掘り」

私たちの借りた家には、竹林がもれなくついていたのです。孟宗竹です。

知らなかった・・・。

そして、竹林と家の間にはちょっとした敷地(畑?)がり、その敷地にも竹が侵食して、春になるとタケノコが生えます。

 

問題なのはこちらのタケノコ。放置すると敷地が竹林になってしまうのです。

そんなわけで、4月から5月上旬までのひと月の間、毎朝もくもくとタケノコ掘りをすることになりました。

 

だいたい、うつ症状とか、自律神経失調症とか、なんとなく朝が弱そうに思いません???

私も、朝は動けない。目は覚めるのですが、身体が覚めない。

本来ならばタケノコは朝早くに掘るべきであり、味も美味しいらしい。
しかし私は8時半くらいから掘り始めて、30分くらい頑張って、ヘロヘロになって戻ってくる。

 

当時の記録によれば、最初のタケノコ掘りは、2016年4月7日。

前日に妻がご近所さんから、竹林の存在を聞き、タケノコを掘ることを聞き、タケノコの掘りかたを聞き、さらには実演もしてもらって帰ってきた(私が臥せっていた時のこと)。

そして、それを又聞きした私。

翌日、雨の中出かけます。

「毎朝、掘らんといかんね」

と言われたから。

 

又聞きなので、なんとなく自分で解釈して掘る。(そもそも妻は説明がうまくない)

雨の中、掘る。

身体はびちょびちょですが、そして、これでいいのかなって思いながらですが、初めての体験はなんでも興奮するものです。すっごい汗だくです。

ヘロヘロになりながら、ようやく4本を収穫!!!!

初めて掘ったタケノコは、途中からぶっ切れていたり、やたらと小さかったり。

 

ところで、どこを食べるんだろ・・・。(当時は、食べ方も知らなかった。。。)

料理(茹でる)は、妻が担当。

茹で方をしらなかった妻は、ご近所さんに教わりに行く。そして、唐辛子と米ぬかを手に入れて帰ってきた。妻もなんとなく茹でてた。

 

 

この日から毎朝、タケノコ掘り。

途中、疲れた日は休みつつ、雨がどしゃ降りの日も休みつつ、GW頃まで掘り続ける。

たまに妻も掘りました。

が、即、戦力外通告。だって、タケノコごと、ぶっ壊すので。。。

 

ちなみに、5月のGWまでで、120本くらい掘ったようです。多い日は20本以上。身体がきしみました。

そして、ほぼ毎日タケノコ料理。。

いっぱい作りました。いっぱい食べました。

 

 

。。。。ホわホわホわほわ(効果音)/ 回想おわり

また、タケノコの季節が訪れる。何を作るか、どうしようか、妻と相談会しなくては。

 

竹林に対する今後の予定

さて、竹林について。

当面(今年)は片づけを優先しますが、せっかくの竹林なので、やはりキレイに管理していきたい。

友人家族がタケノコ掘りに来たいとも言っているし、竹の有効活用も考えていきたい。

 

6月くらいまでに、「竹林の整備方法」と「竹の活用方法」を調査して、今後につなげていきたいと思います。

 

以上、報告まで。。。

スポンサーリンク