『自然菜園での収穫体験付き民泊をつくる』を目標に、2017年秋から緑肥蒔き、2018年春から自然菜園つくりをはじめました。

自然菜園も2年目ということで、土なども少しずつ肥えてきた様子。

今回は、キャベツの記録。

 

以前、ブログにも書いた結球レタス。

冬の間に、土つくりを頑張ったので、しっかり結球しました。

 

そして同じ時期に、植え付けたキャベツの苗。

過去2回は苗を植えても、結球する以前に十分に成長できなかったのですが、今回はしっかり結球しています。

 

毎朝、毎夕、卵とアオムシ取りをした甲斐がありました。

もっとも虫食いはそこそこ酷くて、防虫ネットをかけておいた方が良かったかな、と思うことはしばしば。

 

その中でも、良い感じに育ってくれているキャベツ。

外側はしっかりムシに食われていますが、中はつまっている感じがします。

 

ということで、これまでまったく収穫できなかったキャベツが本日初めて収穫できたのです。

植え付けたのが3月10日なので、本日(6月19日)は101日目。

これはうれしい・・・。

 

ちなみに、大きさはこんな感じ。

自然農をやっていて、なんとなく感じていることは、「ほどほどの大きさが美味しい」

 

キャベツは全部で10苗植えているので、成長を見ながら土つくりを行います。

『作物を育てながら、平行して土を作る。』

これを心掛けたいですね。

スポンサーリンク