妻からの指令、玉ねぎ作りなさい!!

我が家で重宝する野菜の一つが玉ねぎ。
どこの家庭でもそうだと思いますが、ジャガイモ、ニンジン、ネギ、玉ねぎのうちの玉ねぎ。

それで、妻から「玉ねぎ、作りなさい」との指令がありました。

 

そんなわけで、私にとって初めての玉ねぎ栽培が始まります。

 

まずは、タネから育てる。

空いているプランターを引っ張り出して、コンポストで仕上がった土と市販の菜園用の土を混ぜる。
そして、スーパーで購入してきたタネを蒔く。

そのうちしっかりと育って、苗になるだろうと期待!!!

芽がでて、芽がでて、芽がでて、ちょこちょこ間引きしてを繰り返す。

 

そろそろ苗として、畑に植え替える時期だっていうのに大きくならない!!

なぜだ!なぜだ!!・・・

 

ご近所さんの玉ねぎは、しっかり大きくなっているのに。

肥料不足かな、、コンポストの土、よくわからんし。。

水分不足かな、、たしかに、雨が少なかったしな。。

 

条間10〜20cmでまき溝をつけ、2〜3cm間隔で条播きにします。
軽く覆土してしっかりと鎮圧し、たっぷりと水をやります。
土が乾燥すると発芽率が悪くなるため、もみ殻をまいたり、不織布をベタ掛けしておきます。
発芽後は、間引きをして、最終的に株間6cmほどにしておきます。
また、間引きと同時に、固くなった条間をほぐし、根元に土寄せしておきます。
この一手間で根張りがよくなり、丈夫な苗に育ちます。

 

はぁ、、、今回の玉ねぎ栽培は、タネから頑張ろうと思っていたため、苗がない。 どうしよう・・・。

 

 

仕方がないのでホームセンターへ玉ねぎの苗を買いに行く。

ところが残念なことに、時期が遅かったため、ショボショボのやつしか残っていない。

半月前に見たときには、玉ねぎの苗なんてたくさん売っていたのに。

 

しかも、そんなショボショボの苗を、家庭菜園をやっているだろうおじちゃんおばちゃんが触っていく。

苗を選ぶのになぜか触りまくって戻していく。戻すなら触るな!!

おかげで私の手にした苗は、ほぼ瀕死状態。

 

知らなかった、、、

苗は購入時期を逃すと、瀕死したものしか手に入らないのか。。。

 

玉ねぎの苗、植えます。

そんな苗でも、私は妻に報告。。

「ちゃんと苗が手に入ったよ!!」

妻は、苗が瀕死状態であることをしらないから喜んでる。幸せなやつだ。。。

 

前もって準備した畝に、黒いビニールを被せる。

 

師匠から、

「あると便利だぞ、雑草も生えないし、冬でも暖かいし」

と言われたから、購入した。。意気揚々と、ビニール張ったことを師匠に報告。

師匠

「おれは使わんけどな。。。」

おいおい。

 

穴の開いたところに、

「よいしょ、よいしょ」

としっかり植え付ける。

妻は、丈夫に育ってね、美味しく育ってねと話かけながら、しっかり植える。

ご近所さんの玉ねぎより、2週間ばかり遅れてようやく完了!!!

 

さて植え付け直後は、クタ~としていた玉ねぎの苗ですが、しっかり根付けばピンとするはず!!

 

ピンとするはず!!ピンとするはず。。・・・

 

が、2週間経っても3割は、クタ~っとしている。

 

玉ねぎ、植えなおしです。。

そこに、師匠からのお言葉。
「ありゃ、ダメだわ」

 

師匠と一緒に、クタ~っとしている玉ねぎを見に行く。

師匠が引っ張ってみる。

ものの見事に抜ける。

根付いていない。

 

どうやら、妻の植え付けがことごとく甘かったらしい。
しっかりと土で苗の根を押さえつけてなかったんだね。(根付いていないのは妻の植え付けた場所)

しっかり植え付けてないじゃん!!!

根が張ってないじゃん!!!

植え付けした後、腰が痛い~って、それでも満足感と達成感に浸っていた妻。

 

これじゃ、丈夫に育てないわ。。。

(もともとの苗事態にも問題ありだけどね・・・。これは妻に内緒。)

 

急きょ、植えなおし。

ところが、苗がひょろっちょい。

この時期、こんなにヒョロヒョロだと、望み薄い。

理由は、霜。

 

そんなわけで、師匠がしっかり丈夫で大きな玉ねぎの苗をくれました。師匠は、十分に苗を確保しているのです。

妻と植えたのと同じように、今度は師匠と二人で植え付け。

ぎしぎしと指で押さえつけながら植え付けていきます。

 

しっかり根付いてね。今度は私が話しかける番です。。。

 

数日後、植え替えをした苗は、おかげでしっかりと根付きました。

師匠、ありがとうございます!!!!

 

その後、霜にあたり、雪に降られ、なるほど、しっかり成長していない苗は、ここで負けちゃうわけですね。
たしかに、ひょろっとした苗は、消えてしまいました・・・。

 

玉ねぎ、サルに狙われたから収穫

そして、春。

ようやく大きくなったと思ったら、サルに襲われはじめた。

でーん!!

 

周りの玉ねぎの方が成長していて大きいのに、なぜか我が家の玉ねぎが狙われてしまう。サルは一度狙いをつけると、2-3日のうちにまたやってくるということを、1年のうちに経験で学んでいました。

獣害きらい!!

 

仕方ない、収穫しよう!!!

 

収穫できるってことは、非常に有り難い。

ご近所さんより、一月遅れで植えた玉ねぎは、小さいけど甘い。
すばらしく健康で、すばらしく美味しい玉ねぎです。

 

<記録>

2016
10.14 種蒔き
11.8 畝つくり
11.12 苗植え
11.29 植えなおし(4割は植え替え)
12.1 苗、ピンとなる
12.12 霜にあたる
2017
1.19 雪に埋もれる
6.9 玉ねぎ、サルにやられる。収穫。

スポンサーリンク